住宅ローン審査が通らない

ローンが通らない

住宅ローン審査が通らない

 sow-dyne
sow-dyne

ローンが通らない、または通りにくいって事はたびたび起きます。

いくつかの例で説明しましょう


携帯電話・スマホでローン審査が通らない

携帯電話・スマホでローン審査が通らない

以前はいろいろな販売戦略を展開していた各携帯電話ショップも現在では「スマホ実質0円」販売も禁止となりスマホ端末は高い料金で、購入しています。

そこでメインとなった購入方法が端末の分割払い。毎月の利用料金にプラスして購入する方法です。

この毎月の支払いを延滞すると大変なことになるのです。

以前の利用料金は単純にスマホデータ使用料・通話料だったため、たとえ延滞があったとしてもそれは通信を止められたり通話を止められたりと、いわば電気代不払いで電気を止められた・・・的なパターンでしたが、現在のスマホの利用料金には端末の分割払いが含まれているため、延滞をしてしまうと、クレジット等の分割払いが延滞扱いとなり、それが常習化していると個人情報に反映され、実際にはそんなものないようですが

世にいう「ブラックリスト」入りってことで、住宅ローンの審査では、この「延滞」が原因となってローンが通らないことがあります。

スマホを分割購入している方は、単なる利用料金の延滞と思わず、スマホをクレジットで分割で購入しているという認識を持ってください


キャッシングでローン審査が通らない

キャッシングでローン審査が通らない

普段の生活費がピンチでキャッシングをする方がいますが、今回お話しするのはきちんと給料をもらっているのにキャッシングをしているケースです。

ご主人がパチンコ好きで、毎月の小遣いでは足りなくなりキャッシングへ・・・

奥さんは主人がキャッシングをしていることなど露とも知らず、夢のマイホームを探し、気に入った物件を見つけると、普通の流れで主人でのローン審査実施。

通常、ローン審査をするときは他に借り入れがないか確認をします。(怪しい時はしつこく聞きます)

とはいえ、ご主人は奥さんの前でキャッシングをしているなんてことは、死んでも言えるはずもなくそのままローン審査へ。

大体このパターンは翌日、ご主人より電話が来ます

Bさん
Bさん

実は奥さんに秘密にしているキャッシングがあるんですけど・・・・

やばいですかね・・・・・

 sow-dyne
sow-dyne

・・・・・・やばいです

キャッシングもそうですが、何よりローンの審査書類に「借り入れ無し」で記入しちゃいましたよね。虚偽は一番、審査機関の心証を悪くするんですよ・・・

ちょっと、審査を一旦停めますね

返済に延滞はありませんか?

的な展開になります。

Bさん
Bさん

2~3日遅れることはありますが、毎月払ってます。

だって、奥さんにキャッシングしているなんて言えないっすよ

どうしましょうか?

 sow-dyne
sow-dyne

どうしましょうか?って・・・・

先ずは親御さんにご相談して、今のキャッシング(借り入れ)を完済できないか考えてください。

このまま、審査を継続して「承認」が取れればいいですが「否決」「減額回答」が出てくると、奥様からいろいろなヒアリングが入りますよ。

Bさんの給料だったら「普通にローンは通りますよ」て、私、奥様の前でも言ってますし

実際に、本来でしたら普通にローンが通る方ですから。

Bさん
Bさん

何とかします。何とかしないと、僕が窮地に追い込まれます。

ピンチです。ピンチすぎです

親に、相談に行ってきます。

全部払ったらどうすればいいですか?

 sow-dyne
sow-dyne

全部払えたら、借入残高が0【ゼロ】になっている残高証明書を私に下さい。

それをもって銀行に行ってきます。

大変ですけど、ローン審査の結果に時間がかかると奥様が疑うと思うんで、早めに頑張ってください

Bさん
Bさん

分かりました。自分が蒔いた種です。

何とかしてきます

その後、Bさんは親御さんに相談したものの、猛烈に叱られたあげく、お金は借してもらえませんでした。

結果、奥様にカミングアウト。家を購入するために貯めていた頭金の一部を使って完済してもらいました。

住宅ローンは若干、金融機関も難色を示したものの、無事に「承認」となりマイホームを手に入れることができました。


かなり便利な一括審査

年収2000万円のスーパーサラリーマンでローン否決

年収2000万円のスーパーサラリーマンでローン否決

マンションを探しに来られた男女お二人。

男性は45歳から50才くらいの見るからにバリッバリのエリートサラリーマン風。女性は30歳代くらいの綺麗な方でなんとなく夫婦では無い感じがしたので、単刀直入にご夫婦かお聞きしたところ男性は再婚女性は初婚でこれから入籍をする予定とのこと。

男性から希望の間取り、仕様などお聞きするとかなりハイグレードな物件をお探しのご様子。

 sow-dyne
sow-dyne

おぬし、ただものではないな・・・

更に詳しく聞いていくと、男性は超有名企業勤務で年収は1,500万円位だと・・・・(すごっ)

「それであればハイグレードマンション買えちゃうわ」って事で、何物件か案内をしたところ、お二人が非常に気に入った物件が見つかり、即ローン審査へ・・・

自己資金(頭金)をお聞きすると

Cさん
Cさん

何もないです。

離婚するときに前の妻に家も預金も全て渡してきましたから

 sow-dyne
sow-dyne

・・・・・・・・・・・

分かりました。そうしましたら物件価格の全額ローンで審査してみましょう。

Cさんは50歳ですね。

なので返済期間は29年で審査しておきますね。

運転免許証・保険証・源泉徴収票お持ちでしたら、お願いします。

Cさん
Cさん

それで結構です。ではこれが 運転免許証・保険証・源泉徴収票 です。

 sow-dyne
sow-dyne

源泉拝見しますね

年収2,000万円超え・・・(凄っ)

Cさんの内容でしたら明日には回答が出ますので連絡しますね

翌日、金融機関へ審査書類を持ち込み、回答を待っているとその日の午後、金融機関の担当から電話が・・・

銀行員
銀行員

「Cさん、ちょっとお取り扱いできませんね」

 sow-dyne
sow-dyne

あのぉ、年収2000万円なんですけどぉ

200万円じゃないんすよ

こんなこと起きるわけないじゃないですか

銀行員
銀行員

勤務先、ご年収ともに申し分ないお客様ですが・・・・

個人情報なのでこれから先は申し上げられません

 sow-dyne
sow-dyne

個人情報に何か問題があるんですね

銀行員
銀行員

私からは何も申し上げられません

行員からの電話を切った後も、しばらく切れたスマホを耳にあてたまま空中を眺めていました。

「Cさんにどういえばいいのか」

「いままでトップ街道を突き進んでこられた「失敗」とは無縁の人生だったはずのCさんに、なんて言えばいいんだ」

「自尊心を傷つけやしないか」

しばらくそんなことを考えながら空中を眺めていました

 sow-dyne
sow-dyne

いや、いかん いかん

ローン審査の結果は結果

Cさんにきちんと伝えなくては

その日の夜、Cさんに電話をして内容を説明しました

Cさん

さすがにCさんも驚きを隠せない様子でした。

電話では詳しく話が分からないので、翌日お会いすることにしました

Cさん
Cさん

どういうことですか?

私の年齢が問題なんですか?

離婚が問題なんですか?

相談員F
相談員F

銀行は審査結果の詳細は教えてくれませんので、ワタシにもさっぱりわからないんですが

Cさん、前の家のローンが残っているとか、心当たりありませんか?

Cさん
Cさん

ないです。

前の家も10年ほどで完済してますし、それからはクレジットカードでの買い物くらいでローンは使ったことないです。

 sow-dyne
sow-dyne

ますます、おかしいですね

Cさん、ご自身の個人情報を確認してみてはいかがですか?

「CIC」「JICC」ってところはネットでご自身で自分の個人情報の確認ができますよ

Cさん
Cさん

分かりました。

自分も怖いのですぐに調べてみます。

結果、Cさんは俗にいう「ブラックリスト」に入ってしまう方でした。Cさん自身は全く悪くないのに・・・

前の奥さんと生活をしている時に、Cさんは自分のクレジットカードを前妻さんに渡していました。

そのクレジットカードにはキャッシング機能が付いていて、Cさんレベルの方だとキャッシング枠もそれなりの金額まで借り入れができる内容だったため、そのカードを利用して前妻さんが満額キャッシングをしていたわけです。

なにより一番いけなかったのは、Cさんがそのカードの存在を忘れていたことです。

そのカード会社に住所変更等の届け出も出していなかった。返済の督促状も何もかも、そのカードに限っては前の奥様との家に届いていたため、Cさんは確認することもなく、前妻さんも返済する気もなく離婚した直後からそのキャッシングは、ず―――――っと「延滞」扱いになっていたわけです。

おまけにCさんは離婚したのちに携帯電話の番号を変えていました・・・・

そうなればカード会社は、お金を借りて返さない人ってところにCさんを位置づけしたのです。

これには背筋が寒くなる思いをしましたが、Cさんはカード会社に内容を説明してすべて完済したのちにそのクレジット会社とは解約しました。

併せてその内容を金融機関に伝えたのちに、なんとかローンの「承認」を取り付け、今そのマンションでお二人で住まわれています。

ちょっと、いろいろな感情が錯綜する案件でした。


 sow-dyne
sow-dyne

住宅ローンを利用する場合、必ず審査があります。審査では通常の生活ではあまり気にしたことの無い「個人情報」、特にあなたのクレジットカードの所有枚数から利用状況などお金にまつわる情報を開示して内容の確認を行います。Bさんは家を購入しようとしなければ奥さんにキャッシングはばれなかったかもしれません。Cさんのように審査をしたから自分の情報が分かって処理できたケースもありますいづれにせよ、Cさんのケースは別として、分割払いでものを購入する、少し生活費が足りないからキャッシングをするって事は起こりうることですが、返済はしっかり延滞がないようにしてください。皆さんが考える以上にカードなどの利用状況は細かく「個人情報」に反映されています

気になる方は「CIC」「JICC]などでご自身で調べてみるのもいいかもしれません。


◆月返済額最大55%減!住宅ローンの借り換えはモゲチェック◆ 借り換えのプロ「モゲチェック」はランキングサイトに出てこない 最も低い金利(No.1金利)のローンをご紹介します。 面倒な手続き・交渉もすべてお任せください。 家にいながら楽々で借り換えができます。 中には返済額【1,000万円以上ダウン】の事例も。 まずは無料診断から。    ▽▽▽モゲチェックはこちら▽▽▽
オンライン住宅ローンサービス・金利0.3%台 | モゲチェック
No.1金利®︎の住宅ローンを探す・申し込む・金融機関と交渉するを全ておまかせ。新規借り入れと借り換え両方に対応。完済まで続く35年安心サポート付き!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ローンが通らない
家の買い方、探し方|エイソウチャンネル

コメント